南阿蘇の給水設備

南阿蘇村は、環境省認定の名水百選に選ばれた白川水源をはじめ10箇所の名水池があります。豊かな地下水を利用した井戸が村内に多数あり、その井戸から引いた水を水道水に使用しています。飲用水や生活用水として使うほか、お米をはじめとした農業用にも活用されています。私たちの生活に欠かせない水の供給設備について、ご紹介します。当社で販売する土地の給水設備は、大きく分けて3種類あります。

概 要

1.村営水道を利用する

村が設置・維持管理を行います。3地区毎(久木野地区、白水地区、長陽地区)に料金体系が異なります。建築時には村営水道加入負担金が、月々は使用料が必要です。詳細は、南阿蘇村役場 環境対策課 水道係(0967-67-3176)へお問合せ下さい。

2.地域の井戸を利用する

主に地元住民により結成された水道組合等の団体が所有する井戸です。各組合員の費用負担で掘削、維持管理されています。利用する為には、組合員の同意と加入負担金、毎月の使用料(維持管理費)が必要です。費用は組合毎に異なります。

3.分譲地の井戸を利用する

当社が専門業者に依頼して掘削した井戸です。当社で販売・管理代行している分譲地に於いては、土地建物ご購入の際に「水道加入金」(1回限り)が必要です。メンテナンス費用及び電気代等として「環境維持費」が必要です。

仕組み

井戸から水を引いている世帯による管理組合によって維持管理されます。合併処理浄化槽により安全な水へ処理し、側溝等へ放流されます。

管理
 

管理組合

当社が販売する分譲地には、井戸施設毎に管理組合が在ります。井戸を利用する権利のある世帯が組合員となります。当社にて管理を代行し、2年後を目途に引継ぎを行います。管理組合を設立して自主管理をして頂きます。

環境維持費とは

分譲地の共有施設の維持管理のに充てられる費用です。
井戸施設のメンテナンス費用及び電気代、水道排水設備及び道路等の修繕積立金、ゴミ収集箱設置費用、共有地及び未建築区画の草刈り等。必要経費以外は、天変地異による災害やその他消耗・故障等の修理や交換に備えて修繕積立金として預金します。但し、不足分に於いては実費負担頂くこともございます。

井戸施設の維持管理

当社にて管理を代行している井戸施設は、専門業者に依頼して定期的にメンテナンスを行っています。専門業者 ㈱中山ボーリング設備のHPはこちらをご覧下さい。

南阿蘇への移住、田舎暮らし
別荘、居住用、店舗物件など
お気軽にお問合せください。

西部開発 株式会社

〒869-1412熊本県阿蘇郡南阿蘇村大字久石2689-1
TEL   0967-67-3322    FAX   0967-67-3327

MAIL   webmaster@seibukaihatu.co.jp


熊本県知事(8)第2958号
(社)熊本県宅地建物取引業協会会員 (社)全国宅地建物取引業保証協会会員 (社)九州不動産公正取引協議会加盟

(C) 2015 seibukaihatu.Co.Ltd.